【バグ・課題あり】マストドンリアルタイム検索、公開

マストドン検索ポータルなどに続く、新しいインスタンス横断検索サイトとして
User Local社により「マストドンリアルタイム検索」が公開されました。
しかし、実際に使用してみたところ、いくつかバグや課題もあるようです。

【課題その1】対象インスタンスが不明

国内でユーザー数が最も多い「mstdn.jp」「pawoo.jp」は、
同社が運営するマストドン ランキングの対象になっていることから、
恐らくインデックス対象になっていますが、その他の小規模インスタンスについて、どこまでインデックス対象になっているかが公表されておらず、不明瞭です。

先行しているマストドン検索ポータルtootsearchは、検索対象のインスタンスを明示しています。
また、現在調査中ですが、検索対象についてローカルタイムラインではなく連合タイムラインを対象にしている疑惑があり、
連合タイムラインを対象にしている場合、検索インデックスを禁止しているインスタンスのトゥートをインデックスしてしまう可能性があります。

【課題その2】ブーストされたトゥートが、ブーストしたユーザーのトゥートとして表示される

ブーストされたトゥートについて、ブーストされた人の投稿のはずが、ブーストした人の投稿として表示されてしまうバグがあります。

例えば、昨日私(annotunzdy@now.kibousoft.co.jp)が投稿した「v6ドンにping通らない」というトゥートが、とあるmstdn.jpのユーザーにブーストされた例を検索すると、以下の画像のようになりました。

この例だと、まだ自分の投稿も表示されているためブーストの可能性があるとわかりますが、
例えば、IPv6ドンのとあるユーザーのトゥート「ワタシハIPv6チョットデキル」を私がブーストした以下の例だと、
私のトゥートではないのに、私がトゥートしたように見えています。これは誤解の元になる危険性がありそうです。

【課題その3】NSFWの画像が丸見え

マストドン内の画像検索を提供しているマストドン画像検索マストドン検索ポータルにはセーフサーチ機能があり、NSFWの画像を検索結果から除外することが可能です。(デフォルトON)
しかし、「マストドンリアルタイム検索」では、NSFWの画像もそのまま検索結果として表示され、除外する設定はありません。

R-18で画像検索した例:

【課題その4】SSLで接続しようとすると、全く別のサイトに繋がる

マストドンリアルタイム検索のURLは、「http://realtime.userlocal.jp」ですが、「https://realtime.userlocal.jp」に接続すると、なんと全く別のサイトに繋がります。これは非常に紛らわしいです。

表示されたサイト:

手元のGoogle Chromeの環境では、「https://realtime.userlocal.jp」にアクセスした履歴があると、次回以降アドレスバーに「realtime.userlocal.jp」と入力した際、別サイトのほうに飛ばされてしまいました。


By: mastonews

Leave a Reply

Your email address will not be published.