no-image

マストドン 2.2.0 正式版公開

マストドンの新バージョン「2.2.0」の正式版が公開されました。
機能的には、Eメール関連の機能が目立つバージョンアップとなっています。

なお、インスタンス管理者にとって大きな変更として、Rubyの推奨バージョンが「2.4.2」から「2.5.0」に変わりました。
推奨とはいえ、.ruby-versionファイルが更新されたため、 rbenv または rvm を利用している環境で、かつ2.5.0をインストールしていない場合、バージョンアップ後、即起動出来なくなります。
そのため、マストドンの最新版をpullする前に、あらかじめRuby 2.5.0をインストールしておくことをおすすめします。
また、Chef, Dockerなどのデプロイ自動化ツールを利用してオートスケーリング構成を組んでいる場合なども、適宜設定変更が必要になるため注意・対応が必要です。