Pleroma Local Chat、登場。


Elixir製の分散型SNS「Pleroma」に、Local Chat機能が実装されました。
通常の投稿と異なり、未ログイン状態では閲覧できませんが、ログインするとサイドメニューに「Local Chat」が現れます。
弊社の運営するPleromaインスタンス「plero.ma」も、アップデートを実施しLocal Chat機能に対応しました。

なお、チャット機能を有効にするにはnginxの設定変更が必要なため、Pleromaインスタンス管理者は要注意です。
GitLabのnginx設定のサンプルはまだチャットに対応しておらず、更新が望まれます。

By: mastonews

マストドンの次に来る?「Pleroma」の日本人ユーザーが増加中


「Raspberry Piで動作する」を目標に開発が進められている軽量な分散SNS「Pleroma」の日本人ユーザーが、徐々に増えています。
Elixir言語を用いて開発されており、Ruby on Railsベースのマストドンに比べて、圧倒的に処理が軽量なことが特徴です。
また、マストドン同様、AGPLライセンスのオープンソースで開発が進められており、誰でも開発に参加したり、カスタマイズすることが可能です。

【Pleroma の 主要インスタンス】



また、動作が軽量の「Pleroma」のバックエンドと、
多機能で使い勝手の良い「マストドン」のフロントエンドを組み合わせる新たな試み
も進んでいます。
マストドンインスタンスを運用において、サーバー負荷はいくつもののインスタンスにおいて課題になっており、
今後、これが実現出来た場合、マストドンの使い勝手を損なうことなく、バックエンドのみPleromaに置き換えることで、
大幅なサーバー負荷の軽減が期待できます。

今は大手SNSとなった「Twitter」も、初期はRuby on Railsで開発されており、
ユーザー数が増えた後に、サーバー負荷の関係から別言語に置き換えた歴史があり、
今後、分散SNSにも同様の流れが来る可能性は、充分にありそうです。

By: mastonews

マストドン(鱒トドン)にちなんだWebチャット「鮭トドン」登場


マストドン(鱒トドン)にちなんで命名されたWebチャット「鮭トドン」が登場しました。

鮭トドン:
http://sktdn.yuinore.net
中身は、会員登録無しで使えるシンプルなWebチャットです。

By: mastonews

国産オープンソースSNS「Yayaka19」が、分散化に対応

Ryo Hashiguchiさんが開発した国産SNSの「Yayaka19」が、マストドンの特徴である分散化に対応しました。
インスタンス間でのリモートフォローが可能になったほか、
タイムラインに他のインスタンスの投稿が流れる機能も実装されています。
また、ライセンスはマストドンと同じAGPLを採用しており、オープンソースなところもマストドンと同様です。

現在稼働中のインスタンスは以下の2箇所です。

現在はマストドンとの互換性はありませんが、
今後はマストドンと連携するための中継システムの開発も検討しているようです。

By: mastonews